2009年05月18日

大事件!

先日ワンズと一緒に暮らし始めて以来
最大の危機が訪れました。

しばらく立ち直れないかもしれません…。


先週の火曜日、
ダンナ様が風邪をひいて会社をお休みしました。

そのこともあり、散歩に出るのがいつもより
遅くなってしまいました。

熱っぽいダンナ様に散歩ついでに
自販機で飲むゼリーを買ってあげようと思い
いつもと違うコースへ。
とはいってもたまに通る道なのですが…。


でもそれが間違いでした…。


帰る途中で前方に歩いていたラブラドールが
とあるお宅の前を通り過ぎた時に
凄いワンコの鳴き声が聞こえたんです。

ワンコがいるのかなーと思いつつ通り過ぎた瞬間、
そのお宅から柴犬が飛び出して来て
2パピを追い回しました。


ワタシは必死でお散歩バックを2ワンと
柴犬の間に挟んで「ダメッ!」と防いでいたのですが
飼い主さんが現れて少し油断した隙に
Lalaが「キャイーン!」と凄い悲鳴をあげて
ワタシに飛び乗ってきました。


もう何がなんだか分からず
とにかくその方に柴犬を家に連れて行ってもらって
その場で唾液が付いた太ももあたりを調べたのですが
噛まれたかどうか分からず、相手の方にも
「歩いているから大丈夫だと思います。」
と、告げて帰宅しました。


ところがお風呂場で足を洗っていたら
おしりのところから血が出てきたんです。

もうビックリして、風邪っぴきのダンナ様を
起こして車を出してもらい病院へ。

時間外だったのですが、電話しておいたので
診ていただけました。


2箇所ほど噛まれた後があり、特に肛門付近の
傷は結構深かったです。


肛門と見間違えるくらいの穴があいていました。


r92.JPG







消毒していただき注射を打ってもらいました。


「Lalaちゃんはにガマン強いね。」って先生に言われました。

「明日は休診日だけど何かあったら電話してね。
 診てあげるから。」ともおっしゃってくださいました。


弱っているワタシ達にはとてもありがたいお言葉でした。


こんなに痛々しい。

先日、ワクチンで顔が腫れたばかりなのに…。

守ってあげられなくてごめんね。



r90.JPG








相手の飼い主さんにはその日のうちに連絡して
治療費を持っていただきました。

二度とこの様なことがないように気をつけて欲しいので。

優しくて上品な飼い主さんなのですが
その分、わんこを厳しく叱れないようです。


複雑な気分です。


実はブログには書いてなかったけど
Noahも春先に背中を噛まれたんです。

ワタシが目を離した隙の出来事でした。

凄い悲鳴を上げたのですが
出血がなかったので1週間くらい気づきませんでした。

背中をなでているときにかさぶたが4箇所あるのに
気づきました。

ダメダメ飼い主でごめんね。


その時はNoahが相手のご主人様に甘えて
追いかけたから、ワンコがヤキモチ?か
守るつもりで噛んだのだと思います。

理由があっても噛むのは許されないことですが。


ただ、Lalaは理不尽に追いかけられたり、乗られたり
噛まれたりすることが多い気がします。


今回も、普通に歩いていただけで吠えたりなど
一切していないんです。


ただでさえワンコ苦手なLala嬢がますます苦手に
ならないといいのですが。


冬くらいから昔ほどお散歩中にはしゃがなくなって
しまったのですが、このところは拒否気味です。

途中で歩かなくなってしまったり。

少しずつ慣らすしかないですね。

今はワタシ自身が、他わんこをLalaに近づけたくない気持ちです。

ニックネーム CHILE at 11:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 病院・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする